【部位別】味わいの違いを解説!ケンタッキーフライドチキンで人気なのは?

ケンタッキーフライドチキンでチキンをオーダーすると、いろいろな形のフライドチキンが出てきますよね。大きいものから小ぶりなものまで、そのサイズもさまざま!きっと味わいの違いを感じたことがある方も多いはず。種類はいくつあるのか、そのすべてを解説。部位別の味わいの違いもご紹介します。

ケンタッキーフライドチキンの部位

言わずと知れたケンタッキーフライドチキンの人気メニュー「オリジナルチキン」。これには「ドラム」「キール」「リブ」「ウイング」「サイ」と呼ばれる 5つの種類があります。 部位ごとの特徴に併せて、味わいの違いもしっかりと確認してみましょう。

ドラム

ケンタッキーフライドチキンと言えば、この形を思いつくという方も多いはず。この部位は「ドラム」といい、脚の部分になります。 持ちやすいタイプであり、 肉と骨が剥がしやすく、食べやすいので、女性やお子さんにもおすすめですよ。 肝心の味わいは、コクがあり、脂もほどよくとってもジューシー♪ファンの多い部位です。

キール

この手前のものが「キール」、ささみと呼ばれる喉の下の部分のお肉です。味わいは、あっさりとしていて脂身は少なくなります。パサパサとした感じはありますが、やわらかい肉質で小さな子どもにも取り分けやすい部位ですよ。 脂身の苦手な方にもおすすめです。

スポンサーリンク

リブ

鶏むね肉の部分に当たるのがこちらの「リブ」です。胸肉の印象通り、脂身が少なくあっさり系です。肉付きがよく、食べ応えのある部位でもありますが、骨が多く食べにくいのが難点です。

ウイング

こちらは「ウイング」その名のとおり、手羽に当たる部分です。よく動く部分のため、肉質はしっかりとしています。脂の具合ははすべての部位の中でちょうど中間のタイプ。肉付きは少なく、少し食べにくい形をしていますが、濃厚な味わいが楽しめます。

スポンサーリンク

サイ

そして、もっとも大きな部位である「サイ」。腰の部分に当たるお肉です。一番好きだという方も多い部位であり、それもそのはず、脂身も多くてジューシーなうえ、肉付きもよく食べ応えも抜群です。

レッドホットチキンにもすべての部位がある?

スポンサーリンク

夏に期間限定で登場する人気の「レッドホットチキン」にも、5つすべての部位が用意されています。ハバネロのガツンと来るスパイシーな味わいなら、きっと味の印象も変わってくるはず。

脂身の多い「サイ」や「ドラム」なら、滴る肉汁にも辛みがあふれます。「リブ」でさっぱりとした辛みを楽しんだり、「キール」や「ウイング」で骨までしゃぶりつくのもおいしそうですよね。

ケンタッキーで食べ比べはいかが?

いかがでしたか?改めてみてみると「そうそう」「こんなものもあった!」「最近当たってないな」「初めてみた」というものもあったはず。肉質や脂身の多さ、肉付きなどそれぞれ違うケンタッキーのオリジナルチキン。バーレルを買って、ぜひ食べ比べを楽しんでみてはいかがでしょうか。きっと全種類入れてくれるはずです!そっとお願いをしてみては?

スポンサーリンク