ハリオV60やステンレスも♪コーヒードリッパーおすすめ12選

あわただしい毎日に、ゆったりとした時間を♪手淹れコーヒーでコーヒーブレイクを楽しむ方が増えていますよ。おすすめのコーヒードリッパー12選をご紹介。HARIO(ハリオ)やステンレス、ペーパーレスも登場します。

コーヒードリッパーとは

ガラスや陶器、金属製などさまざまなコーヒードリッパーが並ぶ様子

使い方

手淹れでコーヒーを楽しむには、コーヒードリッパーにペーパーフィルターをセットし、コーヒーの粉を入れるのが一般的なスタイル。ほかにも手軽にドリップバックを使ったり、ネルを用いた本格的なスタイルもありますが、手淹れを始めてみたい!という方にはおすすめのアイテムですよ。

形状

コーヒードリッパーを選ぶうえで注目したいのが、形状によるコーヒーの味わいの違いです。形は円錐型と台形型のものが基本で、それぞれ穴の数や大きさの違い、リブの有無があります。これらによってコーヒーの抽出スピードが変わるため出来上がりのコーヒーの味わいが変わってくるのです。

素材

コーヒードリッパーにはさまざまな種類がありますが、使い勝手に直結するのがその素材です。軽いものから丈夫なもの、見た目も美しいものなど。ものによっては、出来上がりのコーヒーの味わいも変わってきますよ。

・プラスチック(シリコン)

もっとも手軽に購入できるのがプラスチックなど樹脂製のもの。価格もリーズナブルで本体自体も軽く扱いやすいのが特徴です。劣化は早いですが、入門編にはおすすめ。シリコン製のものは、コンパクトかつ軽量で持ち歩きや収納にも便利です。

・陶磁器

コーヒ―ドリッパーと聞いてまず思い浮かべるのが、このタイプでしょうか。どっしりとした陶器製のものは、丈夫で保温性も高いのが特徴です。磁器製は見た目も美しく、つるんとした質感が特徴ですね。落とすと割れてしまうデメリットがありますが、価格はリーズナブルなものから2,000円程度のものまで幅広く揃います。

・ガラス

見た目にも美しく、汚れが付きにくいのがガラス製のもの。抽出の具合が見えるといったメリットもあります。丈夫な耐熱ガラス製のものがほとんどですが、こちらも割れてしまわないよう注意が必要です。

・金属

最近では、ステンレスをはじめとした金属製のものも人気です。ペーパーフィルターを必要としないものもあり、これはコーヒーの味わいをダイレクトに楽しめるのも特徴です。価格は高めですが、ステンレス製のものは耐久性・耐食性ともに高く、見た目もスタイリッシュです。使い込んでいくうちに風合いの変わる銅製のものもありますよ。

入門編。プラスチック・樹脂製コーヒードリッパーおすすめ3選

ハリオ V60透過ドリッパー

世界が認めたV60◇HARIO(ハリオ)のコーヒードリッパーV60は、世界のバリスタが認めた逸品です。円錐型のドリッパーで、内側のスパイラルリブと1つ穴が特徴。お湯を注ぐスピードでコーヒーの味わいを調整することができます。樹脂製のこちらなら、価格もリーズナブル。V60の体験版にもおすすめです。

カリタ プラスチック製 ドリッパー

Kalita(カリタ)のドリッパーは、台形型で3つ穴が特徴です。3つの穴から均等に抽出されることで、理想の抽出スピードが叶うんですよ。雑味のないすっきりとした味わいが楽しめるドリッパーです。

カリタ 1杯用コーヒー ドリッパー「カフェトール」

マグカップにのせて◇こちらは1人用のコーヒードリッパーです。専用のペーパーフィルターを使えば、マグカップに直接のせて抽出が可能ですよ。樹脂製で軽いので、オフィス用にするのも、アウトドアでの使用にもおすすめです。

ひとつは欲しい!陶器・磁器製コーヒードリッパーおすすめ3選

カリタ 陶器製コーヒードリッパー

定番のひと品◇Kalita(カリタ)の陶器製ドリッパーは、見たことがあるという方も多いはず。 厚みのある陶器製で保温力も抜群です。2~4人用で、たっぷりサイズのマグカップでも2人分が抽出可能ですよ。

アマブロ レギュラードリッパー

おしゃれにもこだわりたい◇コーヒーのおいしさはもちろん、アイテムはおしゃれ度も大切!という方におすすめなのがamabro(アマブロ)のひと品。カラーの展開もあり、5色から選べます。皮の持ち手がとっても素敵ですね。

ケユカ ルイ コーヒードリッパー

つるんとした質感◇シンプルナチュラルなデザインで女性を中心に人気を集めるKEYUCA(ケユカ)のコーヒードリッパーです。磁器製でつるんとなめらかな質感が印象的。同じシリーズのサーバーやマグカップと合わせて揃えるのもおすすめですよ。

見た目の美しさも大切◎ガラス製コーヒードリッパーおすすめ3選

カリタ ウェーブシリーズ ガラスドリッパー

誰でもかんたん◇初心者の方でもかんたんにおいしいコーヒーを淹れられるKalita(カリタ)のウェーブシリーズ。ウェーブフィルターを使うことでドリッパーとフィルターの接地面を抑え、速やかなドリップが可能となります。

ハリオ V60透過コーヒードリッパー オリーブウッド

ナチュラルテイスト◇HARIO(ハリオ)のV60にオリーブウッドの台座を合わせた、ナチュラルな風合いのコーヒードリッパー。ガラスとのコントラストも美しく、飾るように収納したいひと品です。

ケメックス コーヒーメーカー

芸術的な美しさ◇最近では、コーヒーサーバーとドリッパーが一体となったカラフェも人気です。こちらのCHEMEX(ケメックス)のアイテムは、ニューヨークの「MoMA」にも並ぶ芸術的な美しさを併せ持ちます。

ステンレスも♪金属製コーヒードリッパーおすすめ3選

ステンレス製 コーヒードリッパー

ペーパーフィルター不要◇こちらのステンレス製コーヒーフィルターは、側面がメッシュ構造になっていて、ペーパーフィルターが不要です。耐食性の高いステンレスなので、いつでも清潔に保つことができますよ。

キッカーランド 折り畳みコーヒードリッパー

折り畳める◇なんとこちらは折り畳み可能なステンレス製のコーヒードリッパーです。コンパクトで収納にはもちろん、持ち運びにもおすすめです。見た目もユニークなので、ギフトにもいいですね。

ツバメ カリタ 銅製ドリッパー

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あす楽 送料無料 TSUBAME & kalita ドリッパー WDC-…
価格:8480円(税込、送料無料) (2019/5/16時点)

あこがれのひと品◇金属加工で有名な新潟県燕市の職人技が光る、あこがれの銅製コーヒードリッパーです。使ううちにあめ色に変わり、風合いを増していくさまがたまりません♪ウェーブフィルターを使って抽出します。

お気に入りのコーヒードリッパーに出会おう

コーヒーの味わいを左右するコーヒードリッパーには、さまざまな種類のものがありましたね。素材や形状のほか、折り畳み式やカラフェタイプのものなど、どれにしようか迷ってしまいそうです。

ぜひお気に入りのドリッパーに出会ってくださいね。きっと毎日のコーヒータイムがもっと素敵な時間に変わるはずですよ♪

スポンサーリンク