アイスクリームとラクトアイスの違いとは?ジェラートや氷菓の特徴も解説

コンビニやスーパーで手軽に購入できるアイスクリーム。裏面を見ると、アイスクリームのほかにアイスミルクやラクトアイスなどの表示を発見することができるはず。それぞれの違いとは?ジェラートやソフトクリームとの違いも解説します。

アイスクリームの種類

同じように見えるアイスクリームですが、実は4種類に分かれているのをご存知でしょうか。アイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイス、そのほかを氷菓に区別しているのです。

これらは食品衛生法などの法律に基づいて規格が定められており、含まれる乳成分の量によって分けられます。食べてみると濃厚な味わいやさっぱりとした味わいなどで区別がつきやすいものも。

アイスクリーム

乳固形分を15.0%以上含み、そのうち乳脂肪分が8.0%以上のものをアイスクリームと言います。アイスクリームの種類の中で、もっとも乳固形分と乳脂肪分が多く含まれているものです。濃厚、濃密な味わいが特徴です。

アイスミルク

乳固形分は10.0%以上で、乳脂肪分3.0%以上を含むものがアイスミルクと定義されます。 アイスクリームに比べると、乳脂肪分が少ない分、さっぱりとした味わいが特徴です。

ラクトアイス

乳固形分が3.0%以上のものをラクトアイスと言います。 植物性の油脂が使われることが多く、アイスミルクよりもさらにあっさりとした味わいです。糖質が多く含まれることがあり、カロリーが高めのものも。

氷菓

上記の3種類以外のものを氷菓と区別し、食品区分も「アイスクリーム」ではなく「一般食品」とされています。 乳固形分はほとんど含まれず、かき氷やいわゆるアイスキャンディーがこれに当たります。

ジェラートとは?

イタリアの「ジェラート」は、原材料に牛乳やフルーツ果汁、果肉などを使った氷菓です。 その名前も「 gelato = 氷の、凍った」という意味を持つイタリア語なのだとか。乳脂肪分は4〜8%と少ないのが一般的で、日本の分類ではアイスミルクに該当します。素材の味わいを活かした、独特のコクを持つのが特徴です。

ソフトクリームとの違いは?

ソフトクリームと言えば、くるくると巻きながら高く積まれるのが特徴ですよね。実はこのソフトクリーム、アイスクリームとほぼ同じ成分が含まれます。

違いのポイントは温度管理!マイナス30℃以下で一気に冷やされるアイスクリームに対し、ソフトクリームはマイナス5℃~マイナス7℃の温度で冷やして作られるんです。これにより、練っても固まらないやわらかい食感が叶うんですよ。

アイスクリームを食べ比べ♪

それぞれのアイスは、乳固形分や乳脂肪分の割合で分類されていましたね。実際食べてみると、濃厚な味わいの違いや、ミルク感の強いもの、シャリシャリと氷の粒が入っているものなど、違いもよく分かるはず。ぜひいろんなアイスクリームを食べ比べしてみてはいかがでしょうか。きっと、自分好みのアイスクリームも発見できるはず♪

スポンサーリンク