おすすめノンアルコールワイン「ヴィンテンス メルロー」がおいしい◎

車での来客やこの後の予定、お酒に弱い、まったく飲めないといった方でも楽しめるノンアルコールワインがあるのをご存知でしょうか!?それって、ただのぶどうジュースでしょ?と侮るなかれ!おすすめのノンアルコールワインは本格派の味わいですよ。

ノンアルコールワインとは?

ワインとはぶどうを原料にした醸造酒です。ぶどうの味わいがそのままワインの味を左右するので、産地や畑によってブランドが異なります。甘口のものならアルコール度数6%程度のものからありますが、普通のものだと10~15%にもなるアルコール度数の高いお酒です。

お料理の味を引き立てたり、マリアージュを楽しんだりすることができるワインですが、車での来客や妊娠中、お酒の飲めない方もいますよね。そんな時におすすめしたいのがノンアルコールワインです。アルコールを含まないワインで、お酒に弱い方でも大丈夫◎このお料理にはワインを合わせたい!ジュースじゃ雰囲気が出ない!という時にも大活躍ですよ♪

ノンアルコールワインの種類

このノンアルコールワインですが、大きく分類すると2種類あります。

・製造過程でアルコールを生成させないもの
・できあがったワインからアルコール分を抜いたもの

前者は糖分を減らしたり、発酵を止めるなど一般的なワインと製造方法に違いがありますが、後者はまったく一緒。最後に蒸留したり、ろ過したりしてアルコールを抜いて作られるのです。だから、おいしい!!

ノンアルコールワインを選ぶうえでの注意点

実は、日本ではアルコール度数1%までなら“ノンアルコール”と謳うことができます。なんと!それでは車を運転する方や妊婦さん、お酒に弱い方は大変ですよね・・・。なので、しっかりとアルコール度数の表記まで確認しましょう。「0.0%」「0.00%」と書いてありますよ。

!!むむ!!そのふたつの違いは何!?と思われた方はさすが!そうなんです!!日本では、これまた アルコール分が0.05%以下なら「アルコール 0.00%」と表記できてしまうのです。 ですがこれは大丈夫、果実などの天然果汁にごく微量に含まれるアルコール分とほぼ同じなので心配ありません。

逆に言うと 「0.0%」表記なら0.05%以上は含まれると思った方がいいかもしれませんね。絶対無理!という方は「0.00%」のものを選びましょう~。

ヴィンテンス メルローがおすすめ

お気に入りのため飲みかけです・・・

数あるノンアルコールワインですが、筆者のおすすめは断然「VINTENSE(ヴィンテンス)」のメルロー(赤)です。


「0.0%」のノンアルコールワインですが、製造後にアルコールを抜く方法がとられており、味わいは本格的◎ ブルー系のチーズともよく合いますので、ぜひお試しください!

もちろん、シャルドネ(白)もあります。さっぱりとしたフルーツ感の強い味わいで、ぐいぐいイケます!そりゃそうか・・・。


せっかくならどちらも試してみたいという方は、2本入りのセットがあり、こちらがおすすめです。


ヴィンテンス メルローはストックにおすすめ

お酒は用意してたけど、飲めない方がいた!という時にもヴィンテンス メルローがあれば安心♪ ぜひストックをおすすめします。味わいもおいしく、きっと喜ばれるはずですよ。

スポンサーリンク