ルビアン(LE BIHAN)のパンでちょっとリッチなランチを♪

百貨店などにも多く店舗を構えるLE BIHAN(ルビアン)。ハード系のパンが好きな方は、ファンだという方も多いはず。おいしいパン屋さんをお探しの方や、お店選びに迷った時におすすめしたいのはもちろん、定期的に通いたくなるおいしいパン屋さんです。今回は定番の2つのパンに加えて、秋らしいパンを見つけたのでご紹介します。ルビアンのパンでちょっとリッチなランチを手軽に楽しみませんか?

 

ルビアン(LE BIHAN)とは

公式HPより

ルビアンは、1913年にフランスのブルターニュでうまれた、本物のフランスパンを味わえるお店です。

お店の名前にもなったルビアン・ミッシェルは祖父の下で、なんと4歳から伝統的パン製法によるパンづくりを学ばれたのだそう。大きくなった彼は、さらに国立パン学校で技術を学び、1974年19歳で来日しています。

以来、日本人の嗜好にも合うパンで我々を魅了し続けているんですね。

 

パーティーやおもてなしにもぴったり

本物の味を楽しめるルビアンなので、ちょっとしたパーティーやおもてなしの際に使うバゲットを仕入れるにもおすすめ。

薄くスライスしてカナッペにしたり、チーズに添えるにもぴったり。お料理の味をぐっと格上げしてくれるんです◎

 

ルビアン おすすめのパン3選

バゲットがおいしいのはもちろんですが、それだけで満足できるアレンジパンも人気です。定番のおすすめ品を3つご紹介します。

めんたいフランス

これぞまさに、フランスと日本の融合!明太子とフランスパンの絶妙なハーモニーが最高です。

口の中が痛くなるほどのバリバリもっちりのフランスパンに、塩気のちょうどいいプチプチの明太子がちょうどいい量入っています。

明太子が少ないと寂しく、多すぎるとやりすぎ感あるんですよね。ほんとちょうどいいの。

ランチにするなら、まず選びたいひと品。

(税込250円)

 

マカダミアレーズン

見た目の素朴さにノーマークだったという方はいらっしゃいませんか?驚くなかれ、中は・・・

ローストされたマカダミアナッツがごろごろ入っています!もちろんレーズンも甘すぎずおいしい。洋酒に漬込まれた上品な味わいです。


パン生地がしっかりとしたカンパーニュ生地なうえ、マカダミアナッツとレーズンがたっぷりで、食べ応え抜群◎塩気と甘味がよく合うんです。赤ワインにも合いそうです。

(税込250円)

マロンダマンド

ルビアンでは、季節ごとの味わいも楽しめます♪
今回見つけたのは、栗の甘露煮がのった「マロンダマンド」。クレームアマンドの栗バージョンです。

渋皮マロンペーストを包んだサクサクのクロワッサンにアーモンドクリームがたっぷり絞られています。トッピングの栗の甘露煮がうれしい◎

甘い味わいで、おかしパンとしてもおすすめです。

(税込310円)

ルビアンのパンはまだまだ種類がたくさん

今回は定番の2つと季節のメニューを1つご紹介しましたが、ルビアンには、まだまだご紹介したいおいしいパンがたくさんあります!ルビアンを見かけられた際には、ぜひお立ち寄りください。いつものパン屋さんとはちょっと違う、少しリッチな気分になれるはず。

食パンの種類も多いので、サンドイッチも豊富ですよ。これはまた別の記事で……♪